ヘルシーコラム

【健康に長生きする・ダイエットの秘訣、酵素にアリ】脂肪燃焼&代謝アップ

こんにちは!LIVING HEALTHYです。  おすすめのスロージューサー、スロージューサーを使ったアレンジレシピを紹介しています!

今回はど直球に、【酵素ってなに?】というテーマ。

酵素がカラダに必要なワケ

そもそも酵素ってなに?

酵素とは、わたしたちが健康なカラダを維持するのに不可欠な栄養素のひとつ
カラダのなかで生成されるタンパク質の一種で、日頃の消化・新陳代謝を促す縁の下の力持ちです。

”あればいい”栄養素なのではなく、『絶対的に必要な栄養素』と考えてくださいね。

酵素の役割:食べものを消化・分解し、免疫力UP

カラダのなかで生成される酵素は、大きく分けて次の2つに分けられます。

食べた食事を分解・消化する
消化酵素
カラダに必要な栄養素をとりこむために必須の酵素。
唾液、膵液などの消化液に含まれるほか、腸内微生物も消化酵素を生成
脂肪燃焼に関係する
代謝酵素
免疫力UP
・解毒、自然治癒力UP

 

痩せやすく太りにくい、
”デトックス効果”が期待できるのが酵素のチカラ。

上手に消化できるということは、上手に吸収ができるということ
胃腸の中を綺麗に、そのぶん栄養物の消化・吸収を助けてくれる

 

わたしたちの人生で、カラダで生成できる酵素の量は決まっている

実は、わたしたちの一生の間で、生成できる酵素の量が決まっていると言われています。

この、”一生のうち限られた量しか生成されない酵素”のことを『潜在酵素』と呼びますす。

実は、先に紹介した「消化酵素」と「代謝酵素」は、『潜在酵素』から生成されているのです。

潜在酵素とは
  • 一生のうち限られた量しか生成されない酵素

1)消化酵素 2)代謝酵素

人生、自分の体のなかで生成できる酵素の量が決まっている・・・なんで?!

20世紀後半、エドワード・ハウエル医学博士(米)の研究結果が関連します。それまでは、酵素はタンパク質からできている為、タンパク質をしっかり摂ることで”必要な酵素は場合に応じて生成される”という意見がありました。しかし研究の結果、わたしたちは一生の間で生成できる酵素量が個々に決まっていて、遺伝子レベルの情報に組み込まれていることがわかったのです。

 

長生きが進む日本で、”健康的に”長生きしないと意味がない

医療の発達も進みますます高齢化社会が加速する日本で、「健康的に長く生きること」、これからわたしたちが直面する大きな課題ですよね。

最近はトレーニングやランニングも当たり前になってきて、それ自体はとってもいいことだなあって感じる一方、形から入ってやった気になってしまうのはもったいないなとも思うんです。

せっかくなら『ただ闇雲に運動する』でも『なんとなく体に良さそうな食事をとる』でもなく、効率よくそして効果的に”免疫力UP&自然治癒力UP”を目指せたらベストですよね。

内側から若々しいカラダを目指す』、それがLIVING HEALTHYの大事にしているテーマでもあります。

市販の野菜ジュースや食品では、効果的に酵素を摂れていないかも

最近では『酵素ドリンク』なる飲料が増えていたり、食品でも「酵素」を推すものが増えました。

ただ、市販で並んでいる商品のすべてが、”効果的な形で”酵素が入っているとは限らないんです。

酵素が入っていないのに偽っているというワケではないのですが、「それ、効果を発揮する形で酵素が入っていますか?」という目で見極めるのがポイント。

既製品・加工品の酵素は、期待されるべき効果が薄い?

例えば、生の野菜や果物には「消化酵素」が含まれていますが、製造過程で熱を加えたり加工した飲料・食品には「消化酵素」が含まれていません

わたしたちは食事によっても酵素を摂ることができますが、カラダへ効果を発揮する”加勢陣”になってくれなければあまり意味がありません

食事の際、消化酵素を必要するのが私たちのカラダの仕組み

効果的な酵素が少ない食事内容だと、カラダはどうなる?

もしも既製品・加工食品ばかり飲食していると、カラダのなかで生成された消化酵素だけでは足りなくなり、代謝酵素として使われるはずの酵素が消化に使われます。

これが、「消化酵素」が少ない食事をしている・『期待される効果が少ない飲食物を摂取している』ことで陥る状態です。

すると、カラダを若々しくする効果を発揮してくれるはずの代謝酵素が減り、次のようなカラダになってしまう恐れも。

  • 病気になりやすい
  • 新陳代謝が衰える
  • 脂肪がつきやすい
  • 免疫機能の低下や、体の不調

 

普段から、酵素が豊富な食品・飲み物を意識して摂ろう

例えば、酵素が豊富な《発酵食品:みそ、納豆、醤油、ぬか漬け》を積極的に食べる。

よく、『お味噌汁をつくるときは、火を止めてからお味噌をとくように』と言われるのも先人の知恵です。火にかけている状態でお味噌を入れると、酵素が壊れてしまうから。なるべく酵素を壊さないようにする工夫が隠れているんですね。

日々の食事のなかでできる工夫の1つとして、「素材を新鮮な状態で食べる・飲む」ことを心がけてみましょう!

生の野菜や果物を積極的に摂るメリットは、酵素の働きをより効果的にするためにも必要な選択肢。

市販の野菜ジュースを飲めばそれでよし!ではなく、どのように作られているのかにも注目してみましょう。加熱処理されているような製品を避ける、自分で手作りしてみる・・・それだけでも今までとずいぶん違う効果がカラダに現れていきますよ!

【ケールの味や栄養素が気になる:美味しい食べ方とは?】青汁の主材料にもなる、キャベツの祖先が持つパワー【ケールに含まれるある栄養素が、体内リズムを整える】ケールは、『日頃あまりぐっすり眠れない方』・『心も体もお疲れ気味、ストレスを抱えている方』にぜひ積極的にとって欲しい。とっても生命力が強く、まさに栄養満点「緑黄色野菜の王様」!なぜ、ケールは健康食材として注目を集める野菜なのか、その秘密を探ってみましょう。【オススメのケールアレンジレシピ】や【手軽なパウダーケール】も合わせてご紹介しています。...

 

ABOUT ME
YUKINA
YUKINA
ジューススタンド・野菜専門レストランで、スロージューサーを使った『ジュースレシピ・料理レシピ』を創作。その経験を活かし、スロージューサーの魅力をお伝えしています。 [好きなこと]:料理、レシピ作り、絵を描くこと