スロージューサーレシピ

【ジューサー食物繊維アレンジレシピ】ジンジャーライス×簡単ケイジャンチキン

こんにちは!LIVING HEALTHYです。

スロージューサーを使ったアレンジレシピを紹介しています♪

スロージューサーは、野菜や果物のジュースをつくる・・・だけじゃない!

スロージューサーだからこその魅力を生かし、果実を搾汁した時にでる『食物繊維=ファイバー』を上手に取り入れたファイバーレシピに注目。

面白くてエコなうえに、体も喜ぶ最高なアレンジメニューなんです。

今回は、生姜を搾汁して取れるジンジャーファイバーを使った【ジンジャーライス】と、ワンプレートランチの付け合わせにもオススメの【ケイジャンチキン】をご紹介します。

『食物繊維=ファイバー』は、スロージューサーからの恵み

スロージューサーから取れる食物繊維(ファイバー)は、コールドプレスジュースを搾った時に出てくる『繊維:カス』と呼ばれるもの

これをそのまま捨ててしまうのはもったいない!

コールドプレスジュースそれ自体は『サラサラの口当たりが特徴の”不溶性食物繊維と栄養素”が溶け込んだジュース』。

ジューサーを使ってコールドプレスジュースを作る時に自動で取り除かれる”食物繊維=ファイバー”も、アレンジレシピで料理に充分使えちゃう

★食物繊維の中でも、取り除かれるのは『不溶性食物繊維』と呼ばれる水に溶けにくい繊維質。ジュースに溶け出さず食感として残るこの繊維は、程よく体内に取り入れてあげることで『腸内のお掃除』をしてくれます

生姜繊維の爽やかさとスパイスを効かせて、食欲がアップするワンプレートに仕上げていきましょう!

今回は生米を炊くレシピではなく、炊いてあるお米を使って手軽につくる簡単レシピをご紹介。

《2人前》

  • 炊いてあるお米 :お茶碗2杯分
  • 鶏肉 : 200g ★脂身のあるもも肉でつくるとジューシー
  • 生姜汁 : 大さじ 1
  • 生姜繊維 : 大さじ1 ★スロージューサーで生姜を搾った時に出る繊維
  • にんにく:ひとかけ分 ★みじん切りにしてジンジャーライスに使います
  • おろしにんにく: ★鶏肉にすり込んで下味に使います
  • ライム:生のライムを添えるのがおすすめ
  • ケイジャンシーズニング ★味のパンチはお好みで!
  • 塩・こしょう
  • バター
  • パセリ

 

レシピ:生姜繊維を一緒に炒め、香り高いジンジャーライスに

  1. 鶏肉は一口大にカットし、全体に塩少々・ケイジャンシーズニング・おろしにんにくを振って、下味をつけて15分おく
  2. その間に、フライパンにバターを入れ溶け出したら、刻みにんにくを入れて香りを出す
  3. にんにくが少し色づいたところに、生姜繊維を入れて軽く炒め合わせる
  4. ごはんを合わせ、全体に混ぜ合わせたら鍋肌から生姜汁を入れて炒めあげる
  5. 別のフライパンで、下味をつけた鶏肉を焼く ★皮面を先に焼いて鶏肉からの脂をうまく使うのが低カロリーのポイント
  6. お皿に、ジンジャーライスとケイジャンチキンを乗せて、パセリをふってカットライムを添えれば、完成

 

合わせて美味しい、ライムソーダ

ワンプレートに添えたカットライム、添えるためだけにライムを買っても冷蔵庫に残りがちですが、搾って【ライムジュース】にしても美味しいです。

炭酸水やサイダーで割って飲めば、ジンジャーライスにもベストマッチな爽やかドリンクができちゃいます。

ミントを入れて潰しながら飲むと、モヒートやミントジュレップのような爽やかドリンクに♪

ジンジャーやケイジャンのパンチある味付けには、これくらい清涼感のあるジュースを合わせるのがオススメです。

【コールドプレスでカクテルレシピ】フルーツワイン&フルーツシャンパン【コールドプレスジュースを楽しむだけじゃモッタイナイ!】スーロージューサーで搾った野菜ジュースやフルーツジュース、もちろんそのままでも十分美味しいのですが、ひと工夫をするだけで一気におしゃれなドリンクに早変わり。ケータリングやアパレルブランドの展示会でも喜ばれた、カクテルメニューをご紹介しちゃいます。...

 

ABOUT ME
YUKINA
YUKINA
ジューススタンド・野菜専門レストランで、スロージューサーを使った『ジュースレシピ・料理レシピ』を創作。その経験を活かし、スロージューサーの魅力をお伝えしています。 [好きなこと]:料理、レシピ作り、絵を描くこと